gf2160353069

50代女性には他の年代にはない肌の特徴があります。どんな点が違うのか、またどうすれば若々しさをキープできるのかをみていきましょう。

50代女性の肌には特徴があるから化粧品も変えるべき

同じ50代でも見た目で全然違う方がいますね。30代、40代と比べるとその差がかなり広がってきているのが特徴です。老けて見える原因はしわ、たるみ、シミ、くすみです。どれか一つ加わるだけで数歳老けて見えますし、複数加わると、下手をすると、10歳以上老けて見えてしまうのです。では何故しわ、たるみ、しみ、くすみができてしまうのでしょうか?

コラーゲンと女性ホルモンの減少を食い止めろ!

老化はコラーゲンの減少と女性ホルモンの減少が大きな原因となっています。まずコラーゲンの減少は肌を支える土台がなくなるのでしわ、たるみの原因になります。体内のコラーゲンは20代と比較すると半分以下になってしまっています。なぜこんなに減少するのかというと、コラーゲンを作り出している繊維芽細胞が減少したり働きが弱くなっているからです。

 

これを防ぐには繊維芽細胞に働きかける化粧水を使ったり、サプリメントを飲むことで対処できます。コラーゲンの生成を促す繊維芽細胞に働きかける化粧品はたくさんありますのでランキングでご紹介します。

 

繊維芽細胞に働くサプリメントランキング

プラセンタ

プラセンタとコラーゲンをビタミンC 一緒に飲むと、コラーゲンを作り出す力が一気に高まります。相互に作用し合うので単独で飲むよりもパワーがアップするのです。また、コラーゲンを作り出すとともに減少に歯止めをかけることが大切です。こうすることで、同じ50代の女性と比べても比較的肌のハリをキープできるでしょう。

⇒プラセンタサプリ【FUWARI】を86%オフで試してみる

レスベラトロール

コラーゲンの減少に歯止めをかけるのはレスベラトロールです。レスベラトロールはポリフェノールの一種で、非常に高い抗酸化作用を持っているのが特徴です。また、肌のハリの増加量を増やしたり、うるおいをアップさせることもわかっています。レスベラトロールを取るだけでなんとその差は4倍になったというのです。それは、レスベラトロールがコラーゲンの分解に歯止めをかけてくれるからです。

コラーゲンを作り出す為にプラセンタ、コラーゲン、ビタミンC を一緒に飲み、コラーゲンの分解を止めるために、レスベラトロールを飲む。こうするとお肌のためには万全な体制になります。

繊維芽細胞に働きかける化粧品ランキング

米肌

コーセーの化粧品です。こちらにはライスパワーNo,11という保湿力の高い成分だけでなく、様々な成分が含まれています。なので、肌のハリアップやコラーゲンの生成などが期待できます。

⇒コーセーの米肌を見る

リペアジェル

モンドセレクション受賞!年齢肌のために作られた化粧品でコラーゲンのサポートを実現。医学専門誌にも掲載されています。

⇒リペアジェルを76%オフで試してみる

次に、くすみの原因についてみてみましょう。くすみの原因は糖化です。糖化は糖質とタンパク質が結びついてできます。これを防ぐためには、紫外線を防いだり血糖値の急激な上昇を増やすことで対処できます。

また先ほど出てきたプラセンタやレスベラトロールも高い抗酸化作用を持っているので糖化に対しても効果を発揮してくれます。

50代の肌には老化が著しく出やすいのが特徴です。しかし、しっかり肌の外側と内側からケアしてあげることで老化に歯止めをかけることは可能です。