af9930029463

50代の女性にとってどのような肌のお手入れが効果的なのでしょうか?肌を甘やかさないっていうことはよく言われてますね。若い方の間ではシンプルなスキンケアも流行しています。肌断食などという言葉も時々耳にします。また、ニベアクリーム青缶なども人気があります。しかし、50代女性にとって、このようなシンプルな肌のお手入れは大変危険です。

これらのお手入れは、まだまだ肌に力のある若い方ならばそのまま肌をキープすることができるのでおすすめかもしれません。しかし、女性50代の女性が同じようなお手入れをしてしまうと肌のハリをキープできるなどということとは程遠く、どんどん老化が進んでいってしまいます。50代には50代の肌のお手入れ方法があります。

 

まず、50代の女性は肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンがどんどん減少しているということを頭に入れときましょう。これを防ぐためにコラーゲン入りの化粧水を塗っても全く効果がありません。化粧品に含まれているコラーゲンは単なる保湿の効果しか持っておらずコラーゲンを増やすことはできないからです。

 

では、化粧水でコラーゲンを増やすことはできないのかというとそうではありません。これだけ医学が進歩して研究も盛んに行われているのでコラーゲンの生成に効果を発揮する成分も見つかっています。それらが配合した化粧水を使った商品を使うことでコラーゲンを作り出す細胞に働きかけ、使用していない時に比べて1.7倍になったというものがあります。

⇒アヤナストライアルセットを見る

 

また、ビタミンC を高濃度に配合している美容液もあります。ビタミンC はコラーゲンの生成に欠かせないものでサプリとして飲む場合でも、コラーゲン、プラセンタ、ビタミンC の3種類を一緒に飲むととても効果的だということが言われています。ただ、ビタミンC をそのまま塗っても肌の奥まで届きにくく、また変質しやすいのが難点でした。そのため、ビタミンC 誘導体が化粧水ではよく使われているのですが、ビタミンC をそのままの形で安定化させることができる技術を持った化粧品メーカーが現れました。医学誌にも掲載されている成分ということで肌の潤いや皮脂量がアップした結果が出ています。

 

つまり、50代の女性が肌のお手入れをするときには医学的に証明された成分が配合されている化粧品を使うことが老化を少しでも食い止めるために必要なのです。

⇒医学的に証明されたリペアジェルを見る